脇の黒ずみを消すために必要なアイテム一覧

レディ

お肌にやさしいケアが実現

レディ

選び方と効果的な使用方法

敏感肌の人は、自分のお肌に合う化粧品がなかなか見つからず、満足のいくスキンケアができないことがあります。でも、きちんとスキンケアをしなければ、お肌がどんどん乾燥してバリア機能が弱まってしまい、余計にお肌が敏感になってしまいます。そのため、自分に合う化粧品を見つけて、毎日きちんとスキンケアを続けましょう。たとえば、敏感肌の人が化粧水を選ぶときは、まずアルコールやパラベン、香料、着色料といった添加物が配合されていない製品を選ぶことが大切です。お肌に負担をかける成分が配合されていなければ、敏感なお肌でも安心してスキンケアが続けられます。また、お肌を保湿することが重要なので、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などの保湿成分が配合されている化粧水を選ぶことも大きなポイントです。また、敏感肌の人が化粧水を使うときは、手でやさしくお肌になじませるようにしましょう。コットンを使うと、どうしても繊維がお肌に刺激を与えてしまいますので、敏感肌の人はできる限り手でやさしく丁寧につけることを意識すると安心です。そして、お肌に負担をかけることなく、よりしっかりとお肌を保湿したいときは、シートマスクに化粧水を染み込ませてパックをするという活用法もあります。パックは、洗顔した後の清潔なお肌に10分から20分ほど行います。無添加の化粧水なら長時間パックしていてもお肌に負担をかけることがありませんし、手でなじませるだけよりも、しっかりお肌をうるおすことができます。